LINE UP製品情報

ソフトウエアSmartFactorySolutions

1KSMART Solutions

KSMART Solutions
コーヨンテクノロジーのスマートファクトリーソリューション
KSMART Solutions
「KSMART Solution」とは?

– KSMART Solutionは、シームレスなスマートファクトリーのための包括的なソリューションであり、Industry4.0へのポータルです。
KSMART Solution(以下KSMART)は、プロセス最適化に革命をもたらし、工場ラインでの最高品質と信頼性を保証します。
KSMARTは、KSMARTハブを介して設備から検査結果及び測定データを収集し、不良検出・リアルタイムでの最適化・意思決定を高め、トレーサビリティを通じてメトリックの改善、品質向上、検査差異・虚報・見逃しをなくし、コスト削減に役立ちます。

なぜKoh Young Technologyが選ばれるのか?

– KSMART Solutionは、価値のあるコネクティビティを提供し、スマートなデータ分析を行います。
Koh Young Technologyは完全3D測定技術により、業界のパイオニアとして最先端設備を提供しています。
印刷機及びマウンターメーカーのパートナーと協力し、あらゆる設備間連携を実現し、SMTラインの不良流出ゼロの未来を目指しています。
品質管理機能と、東郷検査システムのフルラインナップを備えたKSMARTソリューションは、コストを最小限に抑えながら生産性を向上させる完全自動化制御を実現していきます。

2KPO Printer

KPO Printer
印刷機向けAI搭載Koh Youngプロセスオプティマイザー(KPO)
KPO Printer

コンポーネントの小型化に伴い、検査品質の向上、検査システムのスループットプログラミングは製造業界で最も重要視されています。
これらのニーズはますます高い計算能力を必要とし、より優れた検査ソリューションを生み出します。
人工知能(AI)は、設備が新しい問題を継続的に学習して解決するのに役立ちます。

独自のAIソリューションにより、Koh Young Technologyは、「Koh Young プロセスオプティマイザー(KPO)」を開発しました。
印刷機向けのソリューションであるKoh Young プロセスオプティマイザー(KPO)には、複雑なアルゴリズムを実行してプロセスの推奨事項を作成する3つの連結モジュールが含まれています。

  • プリンターダイアグノシス
    (印刷機診断)

    印刷機の異常を検出し、プロセスの品質を向上させ、時間経過に伴う変化を減少させます。

  • プリンタアドバイザー
    (印刷機アドバイザー)

    高度な診断アルゴリズムとノイズフィルタリングモデルにより、詳細なSPI結果分析を実行するように設計されたDOE(Design of experiments/実験計画法)を自動的に実行し、理想的な印刷パラメーターを推奨します。

  • プリンターオプティマイザー
    (印刷機最適化)

    印刷機の品質をモニタリングおよびチェックし、オフセット、クリーニングサイクル、プロセスパラメータを微調整し、プロセス品質を最適化します。

3KPO Mounter

KPO Mounter
実装機向けAIによるKoh Youngプロセスオプティマイザー(KPO)
KPO Mounter

コンポーネントの小型化に伴い、検査品質の向上、検査システムのスループットプログラミングは製造業界で最も重要視されています。
これらのニーズはますます高い計算能力を必要とし、より優れた検査ソリューションを生み出します。
人工知能(AI)は、設備が新しい問題を継続的に学習して解決するのに役立ちます。

独自のAIソリューションにより、Koh Young Technologyは、「Koh Young プロセスオプティマイザー(KPO)」を開発しました。
印刷機向けのソリューションであるKoh Young プロセスオプティマイザー(KPO)には、複雑なアルゴリズムを実行してプロセスの推奨事項を作成する3つの連結モジュールが含まれています。

マウンターアドバイザー(実装機アドバイザー)

実装機とPre-AOI間のデータ連携によるオフセット不良の分析ツール

  • KPO Mounter
    マウンターオフセットウィザードでは、問題のある部品の​オフセット不良の原因を特定できます。
  • KPO Mounter
    実装機のノズルトラッキング、ヘッドのオフセットなどの主な原因を特定できます。​
  • KPO Mounter
    分析結果や詳細データを確認した後、実装機で適切な対処ができます。